人生を変える

手に職をつけたい人必見!元資格女子が目の当たりにした資格業界の現実

手に職をつけたい人必見!元資格女子が目の当たりにした資格業界の現実

手に職をつけたい!という方から、
『どんな資格を取ったらいいでしょうか?』
というご相談をよくいただきます。

私は、大学を卒業してから約10年間、
法律資格を使って働いてきたのですが、

資格を取ってもそれだけでは一生安泰ではない

というのが私の見解です。

今回は、資格が良い・悪いの話ではなく、
あくまで私個人の体験として、
資格業界のリアルな現実をお伝えしたいと思います。

手に職を付けたいと本気で考えている方には、
何か感じていただける内容ではないかと思いますので、
ぜひ一つのご参考にしていただければ嬉しいです。

手に職をつけたいと思って国家資格を取った

手に職をつけたい, 手に職をつける, 女性

これで一生安泰だと思っていた

この記事を読んでくださっている方のなかにも、
大手企業や公務員といった”手堅い職”に就き、

これで一生安泰!

そんな風にほっと肩をなで下ろした経験がある方も
いらっしゃるかもしれません。

私もまさにそうでした。

私の場合には、
社会人3年目のときに、司法書士という法律の資格を取得。

手に職をつけることができれば、
女性特有のライフスタイルの変化があっても、
働き続けることができるのではないかと考えていたのです。

司法書士は、
弁護士に比べて女性の割合が多く、
それでいて、合格率3%という、
私にとっては、大学受験以上に難関なハードルだったため、

この資格さえあれば、手に職をつけたも同然!

そんな思いで、資格女子の道を歩き始めました。

『資格=一生安泰』ではない?

実際に資格を取得したおかげで、
事務所を開業することができ、
収入は大幅にアップしました。

今は、結婚を機に、
ウェブマーケティングというまったく違う仕事をしているのですが、
今の仕事にも、資格時代のビジネス経験が活かされていますし、
資格を取得したこと自体はまったく後悔していません。

…でも、

資格を持っているというだけじゃ
一生安泰とは言えないではないか

というのが

手に職をつけることの意味を探し求めてきた結果、
私がたどり着いた答えでした。

ここからは、
資格業界に身を置くなかで私が感じた出来事を
ありのままにお話していきますね。

資格業界の現実①資格を取っただけでやめていく人も多い

環境変えたい, 環境変えたい時, 人生変えたい

資格の世界に入ってまず私が驚いたことは、
資格を取得しても、
その資格を使いこなせない人が多いということ。

私よりも、ずっと優秀な成績で試験に合格した同期たちが、
あっという間に転職したり、
事務所を開業しても一年も経たずに廃業していきました…。

これはいったいどういうことなのだろう?

開業がある意味前提の資格の世界で、
開業しないままやめていく同期たちの姿から私が感じたのは、

資格試験に合格する力と開業して稼ぐ力は違う

ということです。

また、法律以外の業界でも、

「30万円の受講料を払って、
ネイリストの資格を取ったけど結局使ってない…。」

「公務員の資格を苦労して取ったけど、
公務員は自分に合っていなかった」

「保育士の資格を取得したけどすぐ辞めてしまった」

私の周りには、
そんな友人や知り合いがけっこうな割合でいます。

資格を取っただけで、
結局それを活かすことができなければ、
残念ながら、手に職をつけたとは言えません…。

資格を取ることをゴールとして考えるのではなく、
資格を取った後に自分がどう輝けるのか?

この視点はめちゃめちゃ大事です。

資格業界の現実②資格じゃ稼げない?

ブログ, 収入, 仕組み, 一般人

資格についてよくいただく質問の一つは、

資格を取得しても稼げないんじゃない?

という質問です。

これに関して私の場合には、
資格を取ったおかげで、実際に稼げるようになったと思っています。

新卒の頃から比べたら、
家賃が2倍くらいの場所
暮らすことができるようになりましたし、

アメリカに一年半自力で滞在したり、
両親に旅行もプレゼントできるようになりました。

ただ、資格の業界では、
何でも自由にビジネスできるというわけではありませんでした。

自分のサービスを広告宣伝することについては制限がありましたし、
業務ごとに相場がある程度決まっていました。

したがって、
ある程度の案件の数を抱えながら、
組織化をしていかないと、
稼げる金額が上がっていきません。

投資を惜しんで一人で自宅で開業している方は、
なかなか経営が厳しそうではありました。

資格業界の現実③資格業界のルールや規制が多い?

ブログ, 始め方, 初心者

先ほど、広告宣伝に関して制限があったと書いた通り、
資格業界独特のルールといったものは
けっこうたくさんあります…。

必ず毎年受けなければいけない研修があったり、
海外に長期で滞在する場合には、資格を外さないといけなかったり。

私の事務所は海外での案件があったので、
長期で海外に滞在したかったのですが、

そうであれば、
資格を外さないといけないと言われ、
泣く泣くあきらめたこともありました…。

※資格を一度外すと、
手続きが煩雑なうえに再登録に30万円程かかります…涙

また、業務の範囲についても、
その資格でできることというのが厳格に決まっていたため、

自分の好きなことをどんどんやるということは、
やはり難しかったです。

私は、資格業務以外のこともどんどんチャレンジしたかったので、
結局、別に法人を立ち上げました。

資格業界の現実④下請けばっかり?

ブログ, 始め方, 初心者

私は、地元の銀行や不動産業者さんから
仕事をいただくことが多かったのですが、

3年ほど経つと、上の責任者が変わります。

せっかく仲良くなったのに…涙

そうすると、
また新しく関係を作り直さなければならず、
これがけっこう疲れます…。

また、残念ながら、
取引先が突然、倒産するといったことも。

ある不動産会社が倒産して、
一緒に司法書士事務所も潰れるなんていうことは、
そう珍しくない話でした。

自社ビルを建てて絶好調に見えた取引先が、
3ヶ月後に倒産した時は愕然としました。

お仕事をいただけるということは、
本当にありがたいことなのですが、

結局、これって下請けにすぎない…?

と感じてきたことも事実です。

資格業界の現実⑤自分にしかできない仕事が多い

女性, ブログ, 稼ぐ, 収益, 収入, 働き方, 起業, 副業

私がいた業界では、
常にクライアントと顔を合わせて会う必要があったのですが、

1日の面談の数は、最高で7件…!

朝8時半から一件目の面談が始まり、
7つ目の面談は、確か夜9時頃からだったのですが、

スタッフにも、

LISAさん、最後の方、
ほとんど意識がなかったですよ…

と言われてしまいました。

それだったら、
他の資格者に任せたらいいのでは?と思われると思いますが、
それがなかなか簡単ではないのです。

他の人に任せて自分が面談に行かなかったために、
クライアントをがっかりさせてしまったこともありました。

資格を持って働くということは、
自分自身が商品になるということ。

その商品が変わってしまうと、
クライアントは一気に冷めてしまうのです。

〜まとめ〜資格で手に職をつけても一生安泰とは限らない

手に職をつけたい人必見!元資格女子が目の当たりにした資格業界の現実

私の場合には、結婚をきっかけに
『PC一台で自由に働きたい』と考えるようになり、

事務所は友人に承継し、
資格をいったん手放すという結果になりました。

でも、結婚というきっかけがなかったとしても、
自分でコントロールできない働き方を続けることは、
私には難しかったと思います。

一つの分野で専門性を磨き上げることは素晴らしいですが、
その分野が一生安泰と考えるのは危険かもしれません。

それだったら、
どの業界にいってもやっていけるスキルを手に入れたい

そう考えた私が始めたのがブログでした。

資格からブログということで、
180度方向転換したわけなのですが、
そのおかげで全部自分で決める働き方を叶えることができました。

この辺りのお話は、メルマガにも詳しく書いていますので、
ご興味がある方はぜひ登録してみてくださいね。

ブログ×完全外注化で会社以外の収入源を作る
無料メルマガ講座はこちら
ブログ×完全外注化で会社以外の収入源を作る
無料メルマガ講座はこちら